ならカフェ

幸せ結婚のレシピ、夫婦でカフェ開業計画、開業のための資産運用などを綴ります。

キャプテンモルガンとロンサカパが、ラム酒入門にはオススメかも!ラムの飲み比べ講座に参加してきたよ!

f:id:daisssukeeee:20180223140635j:plain

武蔵小山にあるBAR SWIMにて、ラムワークショプに参加してきました!

蒸留酒のワークショップ、着々と出まくっています。

www.daisssukeeee.com

www.daisssukeeee.com

今回も勉強になりました!

ラム酒とは

ラム酒は、サトウキビの絞り汁を原料としてつくられる蒸留酒です。

バニラやカラメルを思わせる甘い香りが一つの特徴で、
飲料としてはもちろん、お菓子の香り付けとしてもよく使われますね!

ラム酒の歴史

15世紀にコロンブスがアメリカ海域へサトウキビを持ち込み、カリブ海域が一大生産地となる。

16〜17世紀頃、蒸留技術の発達により、ラム酒がつくられるようになる。
バルバドス島、ジャマイカ、プエルトリコなどのカリブ海地域で生産されるようになる。

カリブ海域から出荷される際、海賊による海運物資の奪い合いに巻き込まれたりしてきた経緯から、
ラム酒は、海賊がモチーフとなったり、海の男の酒というイメージが生まれた。

映画パイレーツオブカリビアンのシリーズの大ヒットにより、
世界でラムブームが起こった。

三角貿易(西アフリカ、西インド、北米)の奴隷取引などもラム酒の起源に密接につながっているので、
歴史系が好きな人は深掘りしていくとめちゃめちゃ面白そうです。

ラム酒の種類

熟成期間、製法、表記の違いによって、様々な種類のラムがあります。

熟成期間

・ホワイトラム:熟成期間なし
・ゴールドラム:半年〜3年の樽熟成
・ダークラム:3年以上の樽熟成

f:id:daisssukeeee:20180223140338j:plain

写真は、ラム酒のトップシェアブランド、バカルディ。
スムースでクリアな味わいが特徴です。

左からホワイト、ゴールド、ダークとなります。

ホワイトは、無力透明ですが、ほのかな甘みもあります。
カクテルで混ぜても邪魔しない味で、カクテルベースで主に使われます。

ゴールドやダークになると、樽による熟成期間が入るため、
樽由来の甘い香りとボディ感がでてきます。




製法

・スパイスドラム:スパイス(バニラや香辛料)を漬け込んで香り付けしたラム

スパイスドラムでは、キャプテンモルガンが有名で、
バニラの甘い香りによる飲みやすさは、
これからラムを飲み始める入門はぴったりではないかと思いました。


表記の違い

RUM、RHUM、RONと、3種類のアルファベット文字表記があります。

文字表記の違いは、ラムの生産国が、
「どの国の植民地だったか?」ということが関係しています。

・RUM = 英語表記→元イギリス自治領(ジャマイカなど)
・RHUM = フランス語表記→元フランス自治領(ハイチなど)
・RON = スペイン語表記→元スペイン自治領(グァテマラなど)

イギリスはスコッチウイスキー、
フランスはブランデー、
スペインはシェリー、
といった蒸留酒を生産しているため、
熟成させるための樽の規格であったり、蒸留技術の個性があり、
表記の違いによって味の特性が生まれたりしてきます。

飲み比べが一層面白くなりますね。

ラムバック

f:id:daisssukeeee:20180223140822j:plain

写真は、キャプテンモルガンのラムバック。
ワークショップでは、1杯目にいただきました。

バニラやカスタードを思わせる甘い香り。
ライムの酸、ジンジャエールの苦味がアクセント。

マイヤーズラム

RUM
スコッチ系統。
ジャマイカ産。
柔らかく甘い香り、華やかでウッディな香り。


クレマン

RHUM
ブランデー系統。
マルトニーク地方。
シャープ、繊細な果実感。


ロンサカパ

RON
シェリー系統。
グァテマラ産。
クリア。キャラメルの甘み、チェリーなどの赤い果実感。
「ラム酒の中のコニャック」と称され、高級ラム酒として有名です。


キューバリバー

f:id:daisssukeeee:20180224005329j:plain

「クバリブレ=キューバ万歳!」が語源。

アメリカは、フランスの力を借りて、イギリスから独立。
キューバは、アメリカの力を借りて、スペインから独立していく。
(結局、アメリカの影響を強く受け、反発することにはなるが、、)

アメリカの力を借りて、スペインから独立!ということで、
アメリカの飲み物、コーラをラムに混ぜて、キューバ万歳!というカクテル。

ラムコークは、お互いの素材の甘みを引き出し合う、とても相性の良いカクテルですね。

リトルプリンセス

f:id:daisssukeeee:20180223140520j:plain
ラム+スウィートベルモットのカクテル。

BAR SWIMでは、アンゴシュトラビターズをステアでしっかりと香り付けに使うため、
ドライさと、 香草の香りによって、しっかりした輪郭のカクテルに仕上がってます。


XYZ 

f:id:daisssukeeee:20180223140442j:plain
ラム+コアントロー+レモンのカクテル。
「もう後は無いよ」という意味で、アルファベットのラスト3文字。

ベースは、バカルディのホワイト。
柑橘感と甘みの印象は、個人的にはポカリスウェットを思わせるバランス感でしたw

また、ベース違いの飲み比べで、キャプテンモルガンverもいただきました。
安定のバニラ感がしっかりした香りは、飲みやすく、優しくて気さくな印象になりました。


以上、
みなさんも気になるものがあったらぜひカクテルやストレート、試してみてください!