ならカフェ

幸せ結婚のレシピ、夫婦でカフェ開業計画、開業のための資産運用などを綴ります。

「ONE KILN ワンキルン」のマグカップが超オシャレ!鹿児島 桜島の灰を調合した釉薬に見とれる!

f:id:daisssukeeee:20171017113605j:plain

先日買ったマグカップが、とても気に入っています。

合宿に持っていったら、周りの人から、
「すごくオシャレだね!」と多くの反響をもらいました!

今回は「ONE KILN ワンキルン」のマグカップについて紹介していきます!

www.instagram.com

ONE KILN・ワンキルンとは?

鹿児島で活動する陶芸作家・城戸雄介氏の磁器ブランドです。

ワンキルンは「ひとつの窯」という意味。

「食卓に太陽を THE SUN TO A TABLE」をテーマに作陶しています。

城戸雄介氏

1980年生まれで、桑沢デザイン研究所卒業。
デザイン事務所で働いた後、有田焼の窯元で修行。

2008年にONE KLIN (鹿児島県鹿児島市)を設立しました。

作風

オリジナルの型でつくられる、正確で独特なフォルムをベースに、
自ら掘ってブレンドした鹿児島の土や、
鹿児島のシンボル・桜島の火山灰や様々な鉱物を調合して作り出した釉薬など、
土地ならではの素材を活用して、オリジナルの色や質感を演出しています。

「ONE KILN ワンキルン」のマグカップの魅力

1.外側の美しさに見とれる

f:id:daisssukeeee:20171017113708j:plain

桜島の火山灰を調合して作り出した釉薬を塗って焼成した、鉄のような質感。

光に当てると、鈍りのある虹色に輝き、
ずっと見ていても飽きません!!!

2.内側の色がかわいい

f:id:daisssukeeee:20171017113745j:plain

ポップで明るく優しい色の内側。

外側のマットな質感とは真逆で、コントラストがたまりません!!

3.頑丈・軽い・倒れない

火山灰や様々な鉱物を調合した釉薬を厚めに塗っているようで、
普通のマグカップよりも落としたり、ぶつけても、割れに強そうです。

そして、がっちりした外観のイメージよりは、だいぶ軽く、
使いやすい重量感のマグカップになっています。

そして、底が大きく、すべりずらいので、倒してしまうリスクが少ないです。

最高です!



マグカップ以外の商品

www.instagram.com

超絶オシャレな食卓!!!



コーヒー器具

www.instagram.com

ぐぁぁぁぁ、欲しい!!!




とても魅力的!!

ネットショップでもかなり品薄みたいで、見つけられたらラッキーかもしれません。

自分もちょっとずつ買い揃えていきたいなぁと思います!