ならカフェ

幸せ結婚のレシピ、夫婦でカフェ開業計画、開業のための資産運用などを綴ります。

イチローズモルト シングルカスク ピーテッドは最高!2種類飲み比べてみた!

埼玉県秩父市にある、ベンチャーウイスキー社。

小規模な蒸留所ながら、
ワールドウイスキーアワードの最高賞を受賞するなど、
世界的にも注目されています!

同会社の主力ブランドである「イチローズ・モルト」
本数限定のピーテッドを幸運にも飲む機会があったので、
レビューをまとめていきます。

イチローズモルト シングルカスク ピーテッド MMWM 2017

f:id:daisssukeeee:20171006115131j:plain

ボトルについて

232本限定。1樽のみ製造のシングルカスクですね。

2013〜2017の4年間熟成。

水色

淡い琥珀色ですが、熟成期間が4年にしては、かなりしっかり。

秩父の環境が、夏が猛暑で、寒暖の差が激しく、
熟成の進行がダイナミックであろうと推測されます。

f:id:daisssukeeee:20171006154634j:plain

香り

ピーティーでウッディ。
濃厚なバニラ、キャラメル、熟した洋梨の甘い香り。

味わい

アタックは、とても強烈。
辛さと同時に、香りがしっかりと引き立ち、
樽由来のウッディさやバニラ感、熟した果実の甘さを感じます。

後半にかけてスモーキーさが立ち上がってきます。
適度な渋みも加わり、とてもバランスが良いです。

甘みが濃厚な分、アルコールが62度であるにも関わらず、
アルコールの強さをそこまで感じません。
口当たりは強いのに、飲みやすいと感じてしまう不思議。

加水すると、
甘みが横に大きく広がり、キャラメル、焼きリンゴの香りを感じます。
後味にピートがしっかりあり、一口ごとに様々な表情を楽しめます。

金額

ハーフショットで、3500円!

本数限定と人気によって、価格が過剰に高騰してしまっている印象もありますが、
このボトルでしか感じられない、際立つバランス感があり、
イチローズモルトの本気度と現在の到達点を感じられるので、一飲の価値はあります!

2017年はまだ出品されていないので、2015年を載せますが、
価格の高騰具合が半端ないです。

イチローズモルト 秩父 ザ・ピーテッド 2013

f:id:daisssukeeee:20171006115159j:plain
モダンモルトウイスキーマーケット2017にて、
有料のバウチャーを使って10mlの試飲をしました。

www.daisssukeeee.com

ボトルについて

6700本限定。
2010〜2013の3年間熟成。

味わい

フェノール値は59.6ppm、アルコール分53.5%、ノンチルフィルターでボトリングしたピーティーな味わい。 熟成に使用した樽は「バーボン」「リフィル・ホグスヘッド」、「パンチョン」「パイプ」を、バランスよくブレンドしました。 スモークベーコンや焚火を思わせるようなスモーキーさと3年熟成とは思えない複雑で、リッチで個性的な味わいです。


スモーキーさと果実感の強いバランスは見事ですが、
「イチローズモルト シングルカスク ピーテッド MMWM 2017」と比較してしまうと、
個性に物足りなさを感じてしまう部分はあります。

定価は、10,000円を切る価格なので、
その金額であれば、味わいとしても満足するレベルですが、
現在の価格は過剰に高騰していますね。

金額

2013年はamazonでは在庫がないため、2015年を載せます。
価格の高騰具合が半端ない。。。

イチローズモルトの今後にさらに期待!

イチローズモルトは、
ジャパニーズウイスキーの最高峰の1つとして、
埼玉県秩父の環境、素材を使って、
今後も世界をうならせるラインナップをどんどんリリースしていくでしょう。

どんな商品がリリースされていくのか、これからもとても楽しみです!