ならカフェ

幸せ結婚のレシピ、夫婦でカフェ開業計画、開業のための資産運用などを綴ります。

【ウイスキーWS】バーボンカクテル編に参加してきました!


武蔵小山にあるBar SWIMにて、ウイスキーワークショプに参加してきました!

今回のテーマは、「バーボン&カクテル」

各バーボンの個性を活かしたカクテルを5種類飲みつつ、
バーテンダーがカクテルをつくるとき、どんなことを考えながらつくっているのか、
言葉にして解説しながら提供してくれるという、
超スペシャルで、とても勉強になるワークショップでした!

内容と感想をまとめていきます。


バーボンとは?


世界5大ウイスキーの1つ。
(他の4つは、スコッチ、アイリッシュ、ジャパニーズ、カナディアン)

アメリカのケンタッキー州にて、原料にトウモロコシを51%以上使ってつくられるウイスキーです。


1.ワイルドターキー8年 バーボンバック


f:id:daisssukeeee:20170901181755j:plain
1杯目は、バーボンバック。

バーボンウイスキーのジンジャエール割です。

ジンジャエールは、辛口と甘口があるけど、今回は甘口を使用。

辛口のワイルドターキーに、甘口のジンジャエールを合わせ、
対極な要素を使って、カクテルの味を構成していくようです。

ジンジャエールの甘みによって、
ワイルドターキーの中にある甘い香りが引き立って、
爽快感のあるとても美味しいカクテルでした!

まったりした甘い香り。
バナナ&バニラアイスのニュアンスに、キリッとしたコク。
この日のバーボンで、自分の一番好みなバーボンでした!


2.ジムビーム ミントジュレップ


f:id:daisssukeeee:20170901181857j:plain
夏に映えるカクテル。
砕いた氷に、バーボン、ミント。

一口目は、しっかりとバーボンのパンチある香りがあり、後味にミントを感じます。

時間が経ってくると、ミントの存在感が増していき、

中盤は、バーボンとミントの一体感、
後半は、ミントの味わいに、バーボンが香るようになり、
時間の経過とともに、味わいの変化も楽しめるカクテルでした。

バーテンダーは、
氷の使い方、混ぜ具合などによって、
時間経過による味の変化についても、狙いをもってカクテルをつくっていることを教えてくれました

個人的に、ストレートでの香りはクセが苦手なのですが、
カクテルにすると、すっきり感があって良いです。

2014年にサントリーが、ジムビーム社を買収したことで、
日本の居酒屋でも、ジムビームのハイボールを見かける機会が増えてきましたね。


3.メーカーズマーク オールドパル


f:id:daisssukeeee:20170901181911j:plain
バーボン、ベルモット、カンパリ。

ハーブ・果皮の複雑な苦味と、
ベリー・柑橘の複雑な甘みが絡み合うバランスは、
まさに、「オールドパル=古い友人」を表現したカクテルですね。

柑橘系の果実感と、はちみつの甘さを感じました。
スペイサイトのスコッチに似た、きれいな女性的ニュアンス+バーボンの独特の香り。

かなり好きです。


4.オールドクロウ カウボーイ


f:id:daisssukeeee:20170901181928j:plain
ウイスキー、ミルク。

大きめの氷を使ってシェイクすることで、
ミルクの中にある空気を氷がつぶして、口当たりのクリーミーさを生み出します。

キリッと冷たい最初は、ミルクの口当たりが至福で、
時間が経つと、ミルクの甘みがふわっと香るようになり、
ウイスキーとの相性も抜群。

今回飲んだカクテルでの個人的一番は、これでした!

今回のバーボンの中では、バーボン特有のクセは少なく、
フラットな甘みとナッツの香りを感じる1本。

松田優作が愛飲していたウイスキーで、
じっくり飲み続けるにも良いですね。


5.ジムビームライ ニューヨーク


f:id:daisssukeeee:20170901181959j:plain

ウイスキー、ライム、グレナデン。

オレンジ色が鮮やかなカクテル。

キレがありつつ、ライムによって苦味があるのは、
都会的な印象で、ニューヨークの街の表現でしょう。

甘みは、夢を実現できる街としての表現。
バーテンダーの描く、ニューヨークの風景の違いによって、
苦味、甘みのバランスは大きく変わるでしょう。

色々なバーに行って、カクテルを飲みながら、
バーテンダーの個性や世界観を感じられるようになると、
お酒を飲む楽しみはどんどん広がっていきますね!

ライ麦を原料につくったウイスキー。

トウモロコシ主体のバーボンに比べて、
ライトでスパイシー!

以上。

バースイムでは現在、リクエストに応じてワークショップを開催しているので、
よかったらページをチェックしてもらったり、
タイミング合えば一緒に飲みに行きましょう!